1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 埼玉
  6.  > 
  7. 和光市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2021年02月24日更新

和光市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

和光市のリフォーム会社の選び方

和光市では、耐震改修や高齢者住宅の改修などについて補助や助成を利用することができます。このような制度を利用したい場合、対象となるリフォームに詳しい業者を選ぶことがお薦めです。

和光市近郊の朝霞市や新座市、練馬区なども含めてリフォーム業者選ぶと選択肢が増えます。

和光市で受けられるリフォーム補助金・助成金

和光市では、古い住宅の耐震診断や耐震改修、また高齢者の住む住宅をバリアフリー改修する場合に費用の一部を助成する制度が用意されています。

以下では、和光市で受けることができる、主なリフォームに関連する補助金や助成金について紹介します。なお、情報は2020年3月23日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

耐震診断・改修助成制度

和光市では、地震による建物の倒壊等の被害から市民を守るため、築年数の古い住宅を耐震診断・耐震改修する際の費用の一部を助成しています。

対象となる建物は1981年5月31日以前に着工された建物で、戸建て住宅だけでなく分譲マンションなども対象となります。
戸建て住宅と分譲マンションでは助成を受けるための要件が異なるため、それぞれ紹介していきます。

まず戸建て住宅について紹介します。
こちらは普通住宅であれば問題ありませんが、併用住宅の場合は少し注意が必要です。
住宅以外の用途に供する部分の面積が全体の床面積の2分の1未満、もしくは50平方メートル以下でなければ助成の対象とはなりません。

補助を申請できる対象者は戸建て住宅の所有者であり、所有者自身が居住している必要があります。

補助額は対象者が一般者であるか避難行動要支援者であるかなどといった区分ごとに定められています。
たとえば一般の方が耐震診断を行う場合は5万円を上限として費用の3分の2以内の額が補助されます。
補助額が最も大きくなるのは避難行動要支援者の方が居住し、かつ、緊急輸送道路等沿道住宅である場合で、この場合は15万円を上限として診断費用相当額が補助されます。

耐震改修を行う場合ですが、こちらも対象者の区分によって補助額が異なります。
たとえば一般の方が耐震改修を行う場合は20万円を上限とし、改修に要した費用の5分の1の金額が補助されます。

次に分譲マンションについて紹介します。
分譲マンションの場合は当助成事業を利用するためには管理組合で耐震診断・改修の実施の決議がなされている必要があります。

分譲マンションで耐震診断を行う場合の助成額は、診断費用の2分の3または戸数に2万円を乗じた額または100万円のうち、いずれか少ない額が助成されます。
また、耐震改修を行う場合は改修費用の5分の1または戸数に30万円を乗じた額または2,000万円のうち、いずれか少ない額が助成されます。

住宅改修支援事業

和光市では高齢者や身体が不自由な方の自立支援を目的として、住宅の一部を改修する際の費用の一部を助成しています。

対象となるのは要介護認定又は要支援認定を受けた方です。

対象となる工事の範囲は浴室やトイレ、廊下、玄関などと幅広く、一般的なバリアフリーリフォームであれば対象となると考えて良いでしょう。

補助額は改修費用の7~9割とされておりますが、工事の内容や申請者の条件によっても異なるようです。
詳細を知りたい場合は市の長寿あんしん課へ問い合わせてみましょう。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国900社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する