1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 埼玉
  6.  > 
  7. 深谷市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2021年10月07日更新

深谷市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

深谷市のリフォーム会社の選び方

ここでは、深谷市でリフォームを依頼する場合の会社の選び方を紹介します。

地元のリフォーム業者の方がお得

リフォーム業者は、リフォーム費用に無駄な経費が含まれない地元のリフォーム会社や工務店がお勧めです。
大手と違い、地元の業者は宣伝費をかけすぎることなく無駄なコストを省いているケースが多いです。

またトラブルがあった場合の対応が早いことも多く、メリットが多いと言えるでしょう。

業者選びは得意とするリフォーム=希望するリフォーム

水回りや内装を得意としているリフォーム業者や、リフォーム専門ではなく住宅の建築も手掛ける建設会社など特徴のある業者があります。

希望するリフォームを実現するためには、実績を調べて業者が得意とするリフォーム依頼したいリフォームが合っているかを確認したうえで、相談をしてみるのがいいでしょう。

深谷市で評判のおすすめ人気リフォーム会社

有限会社アルテックトーヨー住器


続きを読む

埼玉県深谷市で1987年に創業した有限会社圧テック・トーヨー・住器。住まいの総合プランナーとして、地域の皆さんの住まいの悩みを解決する良きパートナーになりたいと日々奮闘しています。

住設メーカーとの連携により、最新の設備で細やかな工事を提案してくれるのも特徴の同社。玄関ドアのリフォームといった部分的なものから、マンションのフルリノベーションまで行っています。

太陽光発電設置や耐震補強工事、バリアフリー工事にも対応。「良い家に済むのは万人の願い。その願いを叶えるために私達ははたらく」という社長の信念の通り、住まいのことならあらゆることを相談しやすい会社です。

所在地埼玉県深谷市荒川2002

深谷市で受けられるリフォーム補助金・助成金

深谷市では、耐震対策のためのリフォームの補助金や、省エネ対策リフォームの補助金、高齢者や障害者の方が暮らしやすくするための補助金があります。

ここでは、それぞれの条件や内容を紹介します。

住宅耐震化補助制度

「住宅耐震化補助制度」では、深谷市内の住宅を対象に、耐震診断と耐震のための補強工事費用の補助を行っています。

耐震診断の補助

耐震診断には、持ち込まれた住宅の図面をパソコンに入力して耐震性を診断する無料診断と、専門家による有料の耐震診断があり、有料の耐震診断に診断費用の1/2(上限5万円)が補助されます。

耐震改修の補助

耐震診断の結果、安全ではないと判断された場合に行う耐震改修には、改修費用の1/3(上限30万円)が補助されます。
長屋や共同住宅の場合は、補助金額は上限10万円、65歳以上の方が住んでいる住宅なら上限が50万円まで上がります。

また市外業者のかたが施工する場合は補助額が2分の1となります。補助金の交付は、補助対象建築物1棟につき1回です。

対象住宅は市内の2階建て木造住宅

対象となるのは、耐震診断および耐震改修のどちらも、深谷市内にある木造住宅で、昭和56年5月31日以前に建築した住宅などです。

また補助を受けられるのは、その所有者で市税を滞納していないことが条件です。

住宅用省エネ設備設置費補助金

太陽光システムなどの省エネ設備を導入・設置するときに補助を受けられるのが「住宅用省エネ設備設置費補助金」です。

下記の設備が対象となります。

・太陽光発電システム(既設等も含めて最大出力10キロワット未満)
・家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)
・太陽熱利用システム(自然循環型又は強制循環型)
・地中熱利用システム
・定置用リチウムイオン蓄電池
・電気自動車等充給電設備(V2H)
・V2Hに対応した電気自動車(EV)
・プラグインハイブリッド自動車(PHEV)又は燃料電池自動車(FCV)(V2Hを設置した場合に限る)

更に、地中熱利用システム、定置用リチウムイオン蓄電池、電気自動車等用充給電設備(V2H)などはそれぞれに細かく要件が定められています。

補助上限金額及び補助事業の総数は
・太陽光発電システム、エネファーム:1基5万円
・太陽熱利用システム       :1基3万円
・上記以外            :1基6万円
※2種類以上の設備の申請も可能です。

予算 12,000,000円(うち市内事業者枠 3,500,000円)

※市内事業者枠とは、市内に本社又は本店(個人事業者にあってはその事業所)を有する事業者と契約し、設備を設置した方、電気の供給を受けている方のいずれかの条件を満たす方を対象とした優先枠です。

申請者は、深谷市内にある設備を設置した住宅は所有者で、その所有者は深谷市の住民基本台帳に記録されている個人であること、市税に滞納していないことなどの条件があります。

申請は、省エネ設備を設置が完了した後に行います。
指定の補助金交付の申請書と、設置及び工事をしたことを証明書類、領収書の写しなどを提出して、決定後、間もなく補助金の交付が行われます。

高齢者住宅改修費補助事業

65歳以上の高齢者で、要介護または要支援の認定を受けている方が住む住宅で、住環境を整え、事故を防ぐなどの目的で行われる改修工事の補助が「高齢者住宅改修費補助事業」です。

市内に一年以上住まわれていて市税を滞納していない、過去に介護保険法による住宅改修費の支給を受けていないなどの条件を満たしている方が応募できます。

対象となる工事は、手すりの取り付けや、段差の解消、滑り防止などです。

補助金額は介護保険料所得段階によって変わり、所得段階が1~3段階なら工事費用の1/2または上限10万円、所得段階が4段階以上だと工事費用の1/2または上限5万円までになります。

申請手続きは長寿福祉課で行われます。
補助の申請を済ませ交付が決定したら、改修工事の着工になります。

なお、施工業者は市内の業者に限られますので、注意しましょう。

日常生活用具給付等事業(住宅改修費給付事業)

「日常生活用具給付等事業」とは、身体障害者の方で障害の等級が3級以上及び下肢・体幹機能に障害のある難病患者の方が住まわれる住宅で、より快適な住まいに改善するための改修工事の補助です。

ただし、特殊便器への取り替えについては上肢障害2級以上および上肢に障害のある難病患者等の方です。

補助金の申請・交付を受けられるのは一回限りで、補助金額は20万円までです。
申請は、改修工事までに障害福祉課または各役所の福祉係で行います。

深谷市ブロック塀撤去等補助制度

他の地域での過去の地震でブロック塀の崩壊で大きな被害が出たことから、深谷市ではブロック塀の安全点検を呼びかけ、崩壊の危険性のあるブロック塀の撤去の補助を行っています。

対象となるのは、深谷市内にあるブロック塀または組積造りの塀で、高さが1.2mを超えるものです。
またその塀は、道路法や建築基準法の道路に接していることが条件です。

補助を受けられるのは、ブロック塀の所有者で、市税を滞納していない人です。

また、塀の撤去および再築造を行う業者の本社、支店、または営業所が深谷市内にあることも条件になります。

補助金額は、塀の撤去だけなら、1mあたり1万円か塀全体の撤去費用の1/2の低い方で、上限は10万円です。

新たな塀を建てる場合には、1mあたり1.5万円か撤去と再築造費の1/2の低い方の金額で、上限は20万円です。

補助金の申請は、塀の撤去を行う前にしなくては交付されませんので、ご注意ください。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】國場絵梨子

りこ行政書士事務所

國場絵梨子

行政書士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、AFP、測量士補。行政書士試験合格後「りこ行政書士事務所」を開業し、補助金申請や融資、遺言、相続といった相談とサポートを行っている。

一括見積もりを依頼する