2024年02月06日更新

監修記事

【2024年】入間市のリフォーム補助金・助成金一覧と受け取る方法の解説!

リフォーム補助金・助成金の一覧(入間市)

入間市では、木造住宅の耐震改修や省エネルギー設備の設置、さらに同居や親世帯の近隣に引っ越してくる子世帯の住宅の改修などで補助金制度を設けています。

ここでは、それぞれの補助制度の条件等を紹介します。

なお、情報は2024年1月12日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

入間市のリフォーム補助金制度の一覧
制度名対象補助金額期間
木造住宅耐震診断・耐震改修・防災ベッド等補助制度木造住宅の耐震診断、耐震改修を行ったり、防災ベッド等の設置を行う場合・耐震診断の補助 耐震診断に要する費用の半額(限度額50,000円) ・耐震改修の補助 耐震改修工事に要する費用の23%(限度額200,000円) ・防災ベッド等の補助 防災ベッド等設置に要する費用(一基あたり)の半額(限度額100,000円)令和5年10月2日(月曜日)午前9時から受付再開 予算に達し次第終了
入間市住宅用省エネルギー設備設置費補助制度1.V2Hシステム 限度額30万円 2.太陽光発電システム(FIT・FIP制度の認定を取得しないもの) 1キロワットあたり7万円(35万円まで) 3.太陽光発電システム(「2.」以外のもの) 限度額10万円 4.定置用リチウムイオン蓄電池 (太陽光発電システム(FIT・FIP制度の認定を取得しないもの)と同時に導入するもの)令和5年度後期受付 令和5年10月2日(月曜日)~ 11月17日(金曜日)
合併処理浄化槽への転換住宅の単独処理浄化槽および汲み取り便槽を撤去する場合本体工事費の場合 ・5人槽 補助金額360,000円 ・6・7人槽 補助金額462,000円 ・8~10人槽 補助金額585,000円期間の定めなし
重度身体障害者住宅改善費補助重度の身体障害のある方が住む住宅の改修工事を行う場合改修工事費用の2/3上限額500,000円期間の定めなし

木造住宅耐震診断・耐震改修・防災ベッド等補助制度

「木造住宅耐震診断・耐震改修・防災ベッド等補助制度」は、耐震診断、耐震改修、防災ベッド等の設置等の費用補助を行っています。

それぞれ異なる目的の補助ですが、どの補助制度も事前の申請が必要です。

交付が承認されてからの耐震診断や工事の着工になります。

またこの補助制度は予算内で運営されているため、補助金額の総計が予算を超えた時点で募集は終了することを予めご了承ください。

住宅耐震補助制度

住宅耐震診断の補助の対象となるのは、昭和56年5月31日以前に着工した一戸建て住宅または居住部分が1/2以上の併用住宅で、在来軸組構法または枠組壁工法(ツーバイフォー)のいずれかにより建築された地上2階建て以下の木造住宅です。

申請できるのは、耐震診断の対象となる住宅の所有者で、市税の滞納がない人です。

補助の対象となる耐震診断は、建築士事務所に所属する建築士が、財団法人日本建築防災協会の木造住宅の耐震診断と補強方法により行う耐震診断で、補助金額は耐震診断費用の1/2または上限5万円です。

無料の簡易耐震診断

入間市では、市の職人による簡易の耐震診断も無料で行っています。

お持ちいただいた住宅の図面をもとに行われる診断で、詳しくは市の開発建築課にご相談ください。

耐震改修工事補助制度

耐震改修工事補助制度の対象となるのは、耐震診断補助の申請者と対象となる住宅の条件とほぼ同じで、対象物件に関しては耐震判断で1.0未満と評価された住宅という条件が加わります。

対象となる工事は、建築士事務所に所属する建築士が行い、対象物件を上部構造評点1.0以上にするための改修工事です。

また工事は建設業法に規定する建設業者が施工し、地盤及び基礎が安全であると認められた工事です。

補助金額は、耐震改修費用の23%または上限20万円です。

防災ベッド等設置補助制度

防災ベッド等の設置において補助の対象となる物件の条件は、耐震診断の対象となる物件の条件に加えて、耐震判断で1.0未満と評価された住宅で、市の行う無料の簡易耐震診断で評点が0.7未満と判断された住宅も対象となります。

耐震診断の対象となる住宅の所有者で、市税の滞納がない人が申請でき、補助金額は防災ベッドの設置に要した費用(一基あたり)の1/2または上限10万円です。

防災ベッドの設置のために床補強工事などの付随した工事が行われることがありますが、ベッド設置以外の工事費用の補助の対象になっていないのでご注意ください。

入間市ゼロカーボンシティ推進設備設置費補助事業

この制度では、再生可能エネルギーを活用する設備を設置するための一部費用の補助を行っています。

対象となる工事は市内で所有する住宅で、過去に同内容の補助を受けていないことです。

申請者は、実績報告をする際に、省エネルギー設備を設置した住宅に住んでいて、住民登録をしているうえに、市税を滞納していない人です。

設置対象となる設備と補助金額は、1.V2Hシステムが補助限度額30万円、2.太陽光発電システム(FIT・FIP制度の認定を取得しないもの)が1キロワットあたり7万円(限度額35万円)、3.「2」以外の太陽光発電システムが限度額10万円、4.定置用リチウムイオン蓄電池(太陽光発電システム(FIT・FIP制度の認定を取得しないもの)と同時に導入するもの)が蓄電池の価格の3分の1(限度額50万円)、5.「4」以外の定置用リチウムイオン蓄電池が限度額10万円です。

設置対象となる設備と補助金額は、太陽光発電システム、太陽熱利用システム、定置用リチウムイオン蓄電池、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)の設置で、補助金額は各5万円です。

HEMSには1万円の補助金が交付されます。

また、申請期間は各年度決まっているので、詳細は市のホームページまたは環境課にお問い合わせください。

合併処理浄化槽への転換

河川などの公共用水域の水質を守るため、入間市では、住宅の単独処理浄化槽および汲み取り便槽を撤去して新しい合併処理浄化槽の設置費用の一部を補助しています。

補助の対象となるのは、単独処理浄化槽および汲み取り便槽から、市街化調整区域にある国土交通大臣が認定した10人槽以下の浄化槽で、高度処理型で環境配慮型の浄化槽を設置するなどの条件があります。

本体工事費の設置は5人槽から10人槽までの浄化槽で、その大きさに応じて補助金として384,000円~585,000円が交付されます。

また配管費用には220,000円、処分費には90,000円(くみ取り便槽の場合)の補助金が交付されます。

補助金の申請は事前に行う必要があり、詳しくは市の環境経済部環境課にお問い合わせください。

重度身体障害者住宅改善費補助

この制度は、重度の身体障害のある方が住む住宅の改修工事の費用の一部を補助しています。

対象となるのは、下肢または体幹に障害があり、身体障害者手帳の1級または2級の交付を受けている方が住み、その世帯の最高収入者の前年度の食税額が100,500円以下の場合の住宅です。

介護のための改修工事費用の2/3または上限500,000円が補助金として交付されます。

詳細は、市の福祉部障害者支援課にお問い合わせください。

「入間市」の補助金申請の流れと必要書類

リフォーム工事への補助金の申請方法とその流れは、補助金制度を実施する地方自治体や公共団体、または特定の制度によって異なりますが、一般的な申請手続きは以下の通りです。

補助金の申請方法とその手順

最初に補助金制度の詳細を確認する

まず、補助金制度の詳細を確認し、どの工事内容のリフォームが補助の対象になるのか、補助金の上限額や申請期限などを確認します。

補助金制度は、国や地方公共団体、団体などが提供しているため、詳細はそれぞれの公式HPや資料で確認しておきましょう。

見積もりを作成してもらう

次に、リフォームを行う業者に見積もりを作成してもらい、リフォーム計画を作成します。この段階で、補助金の要件に適合するリフォームの工事内容になっていることを確認します。

補助金申請書の提出を行う

リフォーム業者から見積もりとプランを受け取ったら、補助金申請書を提出します。業者が申請する場合や、申請を代行する場合もあります。

申請書にはリフォームの工事内容の詳細と日程、見積もり、および必要に応じて関係書類を添付します。補助金の申請書は、補助金を提供する団体の公式HPや窓口で入手できる場合もあります。

審査・承認を経てリフォーム工事に着手

申請書を提出した後は、審査が行われます。審査に通った場合、補助金の受け取りが承認され、リフォーム工事へと着手できます。

補助金の受け取り

リフォームが完了したら、最終的なリフォーム費用の明細書とともに、補助金の受け取りを申請します。一部の補助金制度では、リフォーム工事完了後に工事費用の領収書や写真などの証拠を提出する必要があります。

なお、ここで説明した手続きは一般的なもので、補助金制度によっては、それぞれの手続きの詳細や順序が異なる場合があります。

そのため、補助金を申請する前に、該当の補助金制度の具体的な要件と手続きを確認しておくことが大切です。

リフォーム補助金の申請時の必要書類

リフォームの補助金を受ける際に必要な書類は、具体的な補助金制度によって異なります。ここでは、一般的な必要書類を解説していきます。

補助金申請書

これは補助金を提供している団体や公的機関から提供され、一般的にはHPや窓口で入手できます。

見積書

リフォーム業者から提供されるもので、リフォームの工事内容と費用が記載された見積書が必要になることがあります。

リフォーム計画書

「リフォーム計画書」とは、リフォームの詳細な計画を示した書類のことです。リフォーム箇所、工事内容、期間等が記載されている書類が必要になる場合があります。

建築図面

補助金の申請時には、既存の建物の図面やリフォーム後の図面などが必要となる場合があります。

所有者の同意書

建物の所有者が申請者でない場合、リフォームを行うことに同意していることを示す書類が必要となることがあります。該当する場合は、所有者の同意書を用意しておきましょう。

証明書類

補助金申請では、申請者が補助金制度の対象要件を満たしていることを証明するための書類が必要となることもあります。例えば、収入証明書や年金受給証明書などがこれに該当します。

リフォーム後の報告書

報告書はリフォーム完了後に提出するもので、工事が計画通りに行われたことを示すための書類です。完成したリフォームの写真や、業者からの最終的な請求書などが添付されることがあります。

なお、ここで紹介した書類は一般的なもので補助金制度によっては必要な書類や詳細が異なります。補助金を申請する前に、リフォーム業者に問い合わせるか、補助金制度を取り扱う市町村などの窓口で、詳細をしっかり確認しましょう。

入間市のリフォーム会社の選び方

リフォーム業者を選ぶときのポイントは3つあります。

一つは、入間市内の業者だけでなく、市外のリフォーム業者もあたってみることです。

狭山市や所沢市、飯能市、東京都の福生市などリフォーム物件から30キロ圏内ならリフォームの依頼を受けてくれる業者があるでしょう。

ポイントの二つ目は、地元のリフォーム会社や工務店を検討してみましょう。

地元の業者は無駄な経費を抑えているため、リフォーム費用が安くなることが多いからです。

最後に、リフォーム業者選びの決め手となるのが、リフォーム業者の得意とするリフォームを依頼することです。

リフォーム業者にも得意不得意がありますので、希望するリフォームを得意とするリフォーム業者を選びましょう。

地域に対応している会社を見る

入間市で評判のおすすめ人気リフォーム会社 5選

株式会社ハウスリンク

株式会社ハウスリンクのおすすめポイント

  • 最新式水回りのショールームがありますので、ご来店お待ちしております。
  • 営業、工事スタッフの人柄やマナーが大きな自信です!!
  • 中古住宅を新築に再生するような工事もしております
  • 地域密着したリフォーム会社です

当社は埼玉県入間市にショールームを構え、入間市を中心に、リフォームをご提供させて頂いております。
営業エリアは、主に埼玉県では入間市、狭山市、所沢市、川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、飯能市
         東京では、青梅市、羽村市、福生市
以上になりまして、地域密着のリフォーム専門会社になります。

特に浴室、キッチン、洗面、トイレなどの水まわり工事を大工、設備、工事は自社社員で行い、営業から工事まで社内で一貫してご提供できる会社になります。

創業以来、お家の水回りリフォームをさせて頂きましたが、現在では大型リフォームを行うまでに成長させて頂きました。

常にお客様の不安に思う点やこうしたい点などを共有させて頂き、満足度の高いリフォームをご提供させて頂きますので、まずはどんなことでもご相談頂きたいと思います。

得意なリフォーム 累計施工実績3000件以上 水回りのリフォーム 中古住み替えリフォーム
所在地埼玉県入間市下藤沢638-1

株式会社リリーフ・イチマルイチ

株式会社リリーフ・イチマルイチのおすすめポイント

  • 豊富な実績による確かなリフォーム
  • 太陽光&オール電化
  • 充実の設備
  • お得がたくさん

埼玉県入間市にある株式会社リリーフ・イチマルイチは、西部開発グループが運営する建設会社です。西部開発が手掛けた物件のメンテナンス等を目的として設立されましたが、徐々にリフォーム・リノベーション全般や増改築に事業を拡大。分譲住宅建築も担うようになりました。オール電化や太陽光発電にも力をいれています。

適正価格で適正建築を提供するということを信念に、平成3年の創立以来、1万件以上のリフォームを手掛けてきました。二級建築士、一級建築施工管理技士、増改築相談員、福祉住環境コーディネーターなどの有資格者が在籍し、LIXILリフォームショップにも登録しています。

入間市を中心に、東京都の一部にまで対応する広い営業エリアも強みです。

所在地埼玉県入間市東町3-1-2

株式会社アイライフ

株式会社アイライフのおすすめポイント

  • 仕事の流儀
  • 耐震診断・補強工事
  • リフォームの工事保険
  • 充実のアフターサービス

埼玉県入間市の株式会社アイライフは、経営理念「すべてに対して愛を持って臨む」の「愛」を社名に取り入れた建築会社です。1980年に給排水設備工事などを行う会社としてスタートし、その後、本格的にリフォーム事業にシフトしました。

現在は雨漏りや水漏れといった小さな工事から、水廻り・内装・外装などの部分リフォーム、増改築、大掛かりなフルリフォームまで幅広い工事に対応し、さらに工事の履歴情報を蓄積して既存住宅の流通活性化に役立てています。

リフォーム業務においては独自の明確な品質基準を定め、安心・安全を徹底厳守。また「人間学」を学ぶ勉強会を毎月実施して社員教育を行い、技術およびマナーの向上に努めています。

所在地埼玉県入間市上藤沢20番地の1

株式会社建塗

株式会社建塗のおすすめポイント

  • 充実のアフターフォロー体制
  • お客様に「作業工程表」を提出して安心をお届け
  • 工事品質を守るために施工仕様を厳守
  • プロの職人による施工

株式会社建塗は埼玉県入間市に本社を構える建設会社です。主な商圏を入間市、所沢市、飯能市として、外壁・屋根塗装や防水工事、リフォームなど、住まいに関する事業を展開しています。「お客様へ安心な暮らしを」という思いのもと、お客様が大切なマイホームでいつまでも安心して暮らしていけるようにサポートすることが可能。住まいの美観はもちろんのこと寿命を延ばすことも大切にして、外装診断をもとに、お客様の希望の予算や住まいの状況に合わせて最適な塗料を選択。お客様の予算や「建塗に頼んでよかった!」と言ってもらえるような工事を目指し、品質の高い工事を適正価格で提供します。

所在地埼玉県入間市小谷田1-11-11

土屋興業株式会社

昭和36年設立(大正10年創業)の土屋興業株式会社。埼玉県入間市に拠点を置き、ビル建設から住宅建築の新築・リフォーム工事、建築企画設計・管理業務や不動産事業などを行ってきました。

創業以来積み重ねてきた実績に誇りを持ち、地域に根ざした企業として、一般住宅から公共建築物まで幅広い事業を展開。資材調達から設計・施工、販売やアフターメンテナンスまで一貫した自社直営体制で、低価格での工事を実現しています。古くから伝わる伝統技術に、最新技術や素材を使った家づくりを得意とし、丈夫な一体型の基礎や耐久性の高いヒバ材を使った土台、高耐力壁材「ダイライト」などを採用。

断熱性の高いウレタン吹付断熱の施工や断熱サッシ、熱交換可能な24時間換気システムを取り入れ、長期優良住宅や高気密・高断熱住宅にも対応した家づくりが可能です。

所在地埼玉県入間市南峯174-1

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】荒川朋範

荒川行政書士事務所

荒川朋範

行政書士。金沢大学人間社会学域地域創造学類を卒業後、地元金融機関に就職。融資業務を経験した後に営業係として活動、定期預金契約数全店1位を獲得。現在は、行政書士法人を設立し、業務の拡大を目指して活動中。

LINE 友達追加
【入間市周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする