1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 埼玉
  6.  > 
  7. 入間市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2021年02月24日更新

入間市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

入間市のリフォーム会社の選び方

リフォーム業者を選ぶときのポイントは3つあります。
一つは、入間市内の業者だけでなく、市外のリフォーム業者もあたってみることです。狭山市や所沢市、飯能市、東京都の福生市などリフォーム物件から30キロ圏内ならリフォームの依頼を受けてくれる業者があるでしょう。
ポイントの二つ目は、地元のリフォーム会社や工務店を検討してみましょう。地元の業者は無駄な経費を抑えているため、リフォーム費用が安くなることが多いからです。
最後に、リフォーム業者選びの決め手となるのが、リフォーム業者の得意とするリフォームを依頼することです。リフォーム業者にも得意不得意がありますので、希望するリフォームを得意とするリフォーム業者を選びましょう。

入間市で受けられるリフォーム補助金・助成金

入間市では、木造住宅の耐震改修や省エネルギー設備の設置、さらに同居や親世帯の近隣に引っ越してくる子世帯の住宅の改修などで補助金制度を設けています。ここでは、それぞれの補助制度の条件等を紹介します。

木造住宅耐震診断・耐震改修・防災ベッド等補助制度

「木造住宅耐震診断・耐震改修・防災ベッド等補助制度」は、耐震診断、耐震改修、防災ベッド等の設置等の費用補助を行っています。
それぞれ異なる目的の補助ですが、どの補助制度も事前の申請が必要です。交付が承認されてからの耐震診断や工事の着工になります。
またこの補助制度は予算内で運営されているため、補助金額の総計が予算を超えた時点で募集は終了することを予めご了承ください。

住宅耐震補助制度

住宅耐震診断の補助の対象となるのは、昭和56年5月31日以前に着工した一戸建て住宅または居住部分が1/2以上の併用住宅で、在来軸組構法または枠組壁工法(ツーバイフォー)のいずれかにより建築された地上2階建て以下の木造住宅です。
申請できるのは、耐震診断の対象となる住宅の所有者で、市税の滞納がない人です。
補助の対象となる耐震診断は、建築士事務所に所属する建築士が、財団法人日本建築防災協会の木造住宅の耐震診断と補強方法により行う耐震診断で、補助金額は耐震診断費用の1/2または上限5万円です。
申請は事前に、4月1日から当該年度の2月末日までに行ってください。

無料の簡易耐震診断

入間市では、市の職人による簡易の耐震診断も無料で行っています。お持ちいただいた住宅の図面をもとに行われる診断で、詳しくは市の開発建築課にご相談ください。

耐震改修工事補助制度

耐震改修工事補助制度の対象となるのは、耐震診断補助の申請者と対象となる住宅の条件とほぼ同じで、対象物件に関しては耐震判断で1.0未満と評価された住宅という条件が加わります。
対象となる工事は、建築士事務所に所属する建築士が行い、対象物件を上部構造評点1.0以上にするための改修工事です。また工事は建設業法に規定する建設業者が施工し、地盤及び基礎が安全であると認められた工事です。
補助金額は、耐震改修費用の23%または上限20万円です。

防災ベッド等設置補助制度

防災ベッド等の設置において補助の対象となる物件の条件は、耐震診断の対象となる物件の条件に加えて、耐震判断で1.0未満と評価された住宅で、市の行う無料の簡易耐震診断で評点が0.7未満と判断された住宅も対象となります。
耐震診断の対象となる住宅の所有者で、市税の滞納がない人が申請でき、補助金額は防災ベッドの設置に要した費用の1/2または上限10万円です。
防災ベッドの設置のために床補強工事などの付随した工事が行われることがありますが、ベッド設置以外の工事費用の補助の対象になっていないのでご注意ください。

入間市住宅用省エネルギー設備設置費補助制度

この制度では、住宅用の省エネルギー設備を設置するための一部費用の補助を行っています。
対象となる工事は市内で所有する住宅で、過去に同内容の補助を受けていないことです。
申請者は、実績報告をする際に、省エネルギー設備を設置した住宅に住んでいて、住民登録をしているうえに、市税を滞納していない人です。
設置対象となる設備と補助金額は、太陽光発電システム、太陽熱利用システム、定置用リチウムイオン蓄電池、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)の設置で、補助金額は各5万円です。
HEMSには1万円の補助金が交付されます。
また、申請期間は各年度決まっているので、詳細は市のホームページまたは環境課にお問い合わせください。

入間市三世代同居・近居支援補助金

入間市内で同居や近隣に住むことを目的に市外から転入してきた子世帯に、住居の取得および住宅のリフォーム費用の一部を補助しています。
対象となるのは、住宅を新築または購入する場合は、居住床面積が50㎡以上の住宅で、補助金額は新築または購入費の20%または上限30万円です。
また18歳未満の子供が3人以上いる、中古住宅の購入、または入間市の空き家バンクを利用して住宅を購入する場合には、それぞれ10万円の補助金が加算されます。
リフォームに関しての補助は、世帯人数が増えるための必要となる改修工事に対して、工事費用の20%または上限20万円の補助金が交付されます。
ただし、子世帯は市外に1年以上住んでいて転入してきた世帯であり、補助対象となる住宅に5年以上暮らし自治会の加入などの条件もありますので、詳しくは市のHPまたは都市整備部都市計画課にお問い合わせてください。

合併処理浄化槽への転換

河川などの公共用水域の水質を守るため、入間市では、住宅の単独処理浄化槽および汲み取り便槽を撤去して新しい合併処理浄化槽の設置費用の一部を補助しています。
補助の対象となるのは、単独処理浄化槽および汲み取り便槽から、市街化調整区域にある国土交通大臣が認定した10人槽以下の浄化槽で、高度処理型で環境配慮型の浄化槽を設置するなどの条件があります。
本体工事費の設置は5人槽から10人槽までの浄化槽で、その大きさに応じで補助金額が444,0000円~576,000円が交付されます。また配管費用には12,000円、処分費には60,000円の補助金が交付されます。
補助金の申請は事前に行う必要があり、詳しくは市の環境経済部環境課にお問い合わせください。

3重度身体障害者住宅改善費補助

この制度は、3重度の身体障害のある方が住む住宅の改修工事の費用の一部を補助しています。
対象となるのは、下肢または体幹に障害があり、身体障碍者手帳の1級または2級の交付を受けている方が住み、その世帯の最高収入者の前年度の食税額が100,500円以下の場合の住宅です。
介護のための改修工事費用の2/3または上限500,000円が補助金として交付されます。
詳細は、市の福祉部障害者支援課にお問い合わせください。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国900社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する