1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 東京
  6.  > 
  7. 豊島区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2019年01月09日更新

豊島区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

東京都豊島区では、個人住宅および賃貸住宅向けに修繕工事およびリフォーム工事に対してかかった費用の一部を助成する制度があります。豊島区の住宅リフォーム補助金制度についてと、豊島区内で評判の良いリフォーム会社について調査を行いました。

豊島区のリフォーム会社の選び方

信頼できるリフォーム会社へ依頼したいものの、選び方が分からない方も多いことでしょう。地元のリフォーム会社や工務店の場合、出張費や作業時間のロスを省くことができ、費用を抑えることにつながるメリットがあります。

豊島区では、修繕やリフォーム費用、エコ住宅への改修や耐震化改修費用などについて、助成制度を利用することができます。このような制度を利用したい場合、対象となるリフォームに詳しい業者を選ぶことがお薦めです。

また、リフォーム会社ごとに得意不得意な工事もあることから、依頼する会社が得意とする工事、会社の特色や評判を確認することも大切です。

リフォームを依頼する際は、キッチンなどの水回りであれば水回りを得意とする業者を選ぶなど、依頼する会社が何を得意としているかを把握して、リフォームの箇所別に得意な業者に相談するのがベストです。

下記の「豊島区で評判のリフォーム会社一覧」では、豊島区にあるリフォーム会社や工務店を紹介しています。ぜひリフォーム会社選びの参考にしてください。

豊島区で評判のリフォーム会社一覧

甲商ライフ
所在地東京都豊島区南長崎6丁目6-5
TEL03-6753-1590
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート 店舗・オフィス
対応
工事種別
フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 屋根・外壁
会社の特徴
【原状回復・内装工事・水回りリフォーム・ハウスクリーニングならお任せください!】

★原状回復とは?⇒マンションやアパート退去時に、入居時の状態に戻すこと
東京都の賃貸住宅でも、トラブルになることが多い難しい問題です。
甲商ライフでは、大家さんに負担をかけない原状回復をスピーディにおこなっております。
東京の賃貸住宅でも多くの実績がありますので、安心してお任せください。
大家さんの利益を損なわない、安心の原状回復をさせていただきます。
まずは、状態の確認から無料でご相談承りますので、お気軽にお問合せください。

★内装工事
内装リフォームを承っております。クロス張替えや、床・フローリングまで、
豊富なデザインや特性をもった素材を取り揃えております。
上記以外の箇所や工事も柔軟に対応させていただきますので、まずはご相談いただければと思います。
内装リフォームで毎日の生活を明るく、楽しいものとする甲商ライフにお任せください。

★水回りリフォーム
キッチンや浴室、トイレなどの水回りを甲商ライフがおつくりします。
現在、水回りは省エネやエコに特化した設備が多く商品化されております。
経済性に優れるだけではなく、環境にもやさしい水回りの設置から、
利便性を追求する空間リフォーム、さらには間取り変更まで。
生活に直結する水回りリフォームのご相談は住宅の専門家、甲商ライフにお任せください。

※その他につきましては、弊社サイトをご覧くださいませ。
この会社への相談

豊島区で受けられるリフォーム補助金・助成金

豊島区では、修繕やリフォーム費用の助成、高断熱窓の導入などエコ住宅への改修や耐震化改修費用の助成や補助、また、高齢者や要介護者などに対する住宅改修費支給などの補助や助成を受けることができます。

以下では、豊島区で受けることができる、主なリフォーム補助金や助成金について紹介します。なお、情報は2018年12月24日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

住宅修繕・リフォーム資金助成事業

区内にある住宅の所有者または同居の親族であれば、区内の業者に依頼して、住宅の修繕や及びリフォーム工事を行う場合、費用の一部について助成を受けることができます。

2年以上の居住や世帯の月額所得制限などの要件があります。助成は、修繕工事の場合は10万円を上限として、リフォーム工事の場合は20万円を上限として、費用の30%以内について支給を受けることができます。

豊島区エコ住宅普及促進費用助成金

区内の住宅に居住する所有者または所有者の同意を得ている居住者であれば、窓の断熱改修や太陽光発電システム設置などのエコ住宅への改修を行う場合、費用の一部について助成を受けることができます。

助成は、窓の断熱改修の場合、10万円を上限として費用の4分の1、太陽光発電システム設置の場合、8万円を上限として1キロワット当たり2万円の支給を受けることができます。

既存住宅における高断熱窓導入促進事業

区内にある住宅の所有者であれば、高断熱窓への改修について、50万円を上限として、費用の6分の1について助成を受けることができます。断熱改修窓の助成金制度と併用して申請できます。

木造住宅の耐震改修補助事業

1981(昭和56)年5月31日以前に建てられた、区内にある2階建て以下の木造住宅に居住する所有者であれば、区の耐震基準に沿って耐震改修を行う場合、費用の一部について補助を受けることができます。

補助は、100万円を上限として、費用の3分の2について支給を受けることができます。また、区内の業者に依頼する場合、50万円を限度として、費用の6分の1が加算されます。

要支援・要介護者の「住宅改修費支給」

区内の要支援・要介護と認定された方が、手すりの取り付けや段差の解消など、自宅で自立した生活を送ることを目的として住宅を改修する場合、20万円を限度として、費用の最大9割について補助を受けることができます。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

リバース弥生株式会社 ライファ大塚 アリザス株式会社 株式会社サンシープランニング 株式会社シー・スペース 株式会社岩井工務店 株式会社富士建