1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 神奈川
  6.  > 
  7. 南足柄市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

2021年07月02日更新

南足柄市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

南足柄市のリフォーム会社の選び方

南足柄市でリフォーム業者を探すなら、地元のリフォーム会社や工務店がおすすめです。地元の業者は無駄な経費を抑えている分、リフォーム費用が安くなる傾向があるからです。
また市内にもリフォーム業者はありますが、小田原市などの市外の業者でもリフォーム物件から30キロ圏内ならリフォームの依頼を受けてくれることがありますので、視野を広げてリフォーム業者を探してみましょう。
リフォーム業者探しで大切なことは、希望するリフォームを得意としている業者を見つけることです。業者にも内装や外装、水回りなど得意としていることと不得意なことがありますので、リフォームの依頼は業者が得意としているリフォームと一致している会社を選びましょう。

南足柄市で受けられるリフォーム補助金・助成金

南足柄市では、木造住宅の耐震診断や改修工事や障害のある人の住む住宅の改良工事の費用などの補助を行っています。ここでは、それぞれの補助制度の条件などを紹介します。

木造住宅耐震診断/木造住宅耐震改修事業

この補助金制度では、木造住宅の耐震診断費用と耐震改修費用の一部を補助しています。
対象となる木造住宅は、市内にある昭和56年5月31日以前に建築された一戸建ての住宅か店舗・事務所の併用住宅で、在来軸組工法により施工された2階建て以下の建物です。
ただし、昭和56年6月1日以降に増築・改築している場合には対象外となります。
対象となる耐震診断は、資格のある建築士で、財団法人日本建築防災協会が主催する木造耐震診断資格者講習または神奈川県木造住宅耐震実務講習会を終了した者が行う一般耐震診断です。
補助金額は、耐震診断費用の1/2または上限3万円です。
耐震改修工事については、耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満の住宅を、評点1.0以上にするための改修工事です。改修プランは耐震診断技術者によって設計されなくてはなりません。
補助金額は、耐震設計や工事監理を含む改修工事費用のすべての経費の1/2または上限40万円です。
なお、耐震診断と耐震改修工事のどちらの補助も、申請は事前に行い、申し込みの件数が予算に達した場合は募集が締め切られますのでご注意ください。

障碍者のための住宅設備改良助成

この助成制度では、下肢や体幹に障害がある方が住まわれる住宅で、介助しやすく、または自立した生活を促すためのリフォーム費用の一部を助成しています。
対象となる工事は、玄関や台所、浴室、便所などを障害者が使いやすくするためのリフォームに加えて、天井走行式移動リフトなどの設置工事費用も助成されます。
ただし申請できる人は、市民税非課税世帯に限ります。
助成は介護保険が優先され、上限は20万円です。
詳しくは、市の福祉課障害福祉班にお問い合わせください。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する