1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. リフォームの基礎知識
  4.  > 
  5. マンションをリフォームする際の基礎知識

キーワードから探す


2018年12月28日更新

マンションをリフォームする際の基礎知識

マンションをリフォームする際には、あらかじめどのような知識を知っておくと良いのでしょうか。費用や工事の流れ、業者探しのポイントなど、マンションリフォームに必要な基本的な知識と、リフォームの際に注意するポイントについてご紹介します。

マンションでリフォームする際の注意点とは

マンション リフォーム

マンションでリフォームする際の注意点にはどのようなものがあるのでしょうか?

まず前提として知っておかなければならないのは、マンションには専有部分と共用部分の2つがあることです。

専有部分は住人にある程度管理が任されているため、自由にリフォームを行うことができますが、共有部分は住人が自由にリフォームを行うことができません。

また、専有部分であってもマンションの規約でリフォームができない場合もありますので、マンションリフォームを行う際には必ず管理組合の規約を確認しておきましょう。

その他にも、業者を呼んで行うリフォームについては、立ち入りのための許可を管理組合から得る必要がある場合もありますので、リフォームを申し込む前に管理組合に連絡し、可能かどうか確認しておくことも大切です。

マンションで施工できるリフォームと費用相場とは

マンションではどのような部分にリフォームを施すことができるのでしょうか?

リフォームができる部分とリフォームを行った場合の費用についてご紹介します。

間取りの変更リフォーム

マンションの場合、部屋は間仕切り壁で仕切られている構造のため、間仕切り壁を撤去したり追加したりすることで、間取りの変更リフォームを行うことができます。

費用は間取りを変更する範囲によって変わってきますが、リビングとダイニングとキッチンの3部屋を間取り変更し、1つの大きな部屋に変更する工事なら、約100万円からが相場です。

部屋全体の間仕切り壁を撤去し、間取りを大がかりに変更する場合については、内装工事や配管工事等も必要となるため、約300万円からが相場とされています。

壁や床などの内装リフォーム

マンションでは壁紙の貼替えや床の張替えといった内装、インテリアのリフォームも可能です。

この場合の費用は、壁紙の貼替えが1平方メートルあたり約700円から、床の張替えについてはフローリングを用いた場合で1平方メートルあたり約2,500円からが目安とされています。

壁紙や床のリフォームについては、使用する建材によって単価が大きく変わりますので、防音や消臭といった高機能な製品を用いる場合はリフォーム会社に見積もりを立ててもらうと良いでしょう。

天井部分のリフォーム

天井についても壁などと同じく、壁紙の貼替えリフォームを行うことができます。

費用は壁紙の貼替えと同じく、1平方メートルあたり700円からが相場です。

壁紙の貼替え以外のリフォームについては、マンションの構造によって可能かどうかが決まり、天井部分にある程度のスペースがある場合には天井板を解体して天井の高さを変えることもできます。解体後は配管を露出するのか、さらに高い位置に天井を設置するかなど事前に計画をたててから行いましょう。

ただし、天井や壁などについては、規約でどこまでリフォームできるかが決まっていますので、あらかじめ管理規約等を確認し、工事が可能かどうか確かめておきましょう。

水回りのリフォーム

浴室やトイレ、キッチンといった水回り設備のリフォームは、マンションでも比較的多く行われています。

費用はユニットバスの入れ替えが約100万円から、キッチンの入れ替えが約120万円から、トイレについては便器の交換が約20万円から、内装を含める場合で約20万円からが相場とされています。設置だけではなく以前に使用していた設備の取り外し、解体・運搬等が含まれますので、なるべく多くの工事をまとめて行うことで費用を節約できるかもしれません。

また、配管についても管理規約上問題のない範囲で交換することもできますが、マンションの場合は各戸の排水を階下に流す縦管が設置されており、この部分を変更することができません。

そのため、あくまでも配管は室内部分の床下に通されているもののみ変更することができます。

配管変更は、床面の解体等も必要となるため、費用についてはリフォーム会社に相談し、見積もりを立ててもらうと良いでしょう。

ドア部分のリフォーム

玄関ドアは共用部分となるため、基本的に住人がリフォームを行うことができません。

しかし、室内部分のドアについては問題なくリフォームが可能でしょう。

費用はドアのみを交換する場合が約7万円から、ドア枠も交換する場合は約10万円からが相場とされています。

また、引き戸を開き戸に交換するといった開閉方法の違うドアに交換する場合については、開口部の工事などを同時に行う必要があるため、工事費用は約20万円からが相場です。

内窓のリフォーム

マンションの場合、屋外に繋がっている部分は共用部分となっているため、窓サッシや窓そのもの、ベランダなどはリフォームすることが基本的に不可能です。

ただし、窓に関しては管理規約でサッシを撤去しない範囲でのリフォームが可能な場合もあるため、外窓を交換したいという場合には管理組合に問い合わせてみると良いでしょう。

また、もし外窓が交換できない場合には、内窓を追加するリフォームを行うことができます。

リフォーム費用は、外窓のリフォームがカバー工法を用いた場合で1カ所あたり約10万円から、内窓の追加については、1カ所あたり約8万円からが相場です。

費用については窓の大きさで大きく変わりますので、詳細な価格を知りたい場合は、リフォーム会社に見積りを立ててもらいましょう。

マンションでのリフォームの進め方とは?

マンション リフォーム

1.業者に相談

リフォーム内容を決め、リフォーム業者に連絡して工事内容等を相談します。

この時、あらかじめ管理規約を確認し、管理組合にリフォームが可能かどうか確認をとっておきましょう。

2.下見

リフォーム業者に現地を確認してもらい、希望する工事が可能かどうかを調べてもらいます。

3.プランニングと見積もり

下見後、工事のプランを立て、見積りが作成されます。

費用やプランについて質問がある場合は、このタイミングで相談しましょう。

4.管理組合にリフォーム申請

具体的なプランニングが確定したら管理組合に連絡し、リフォーム実行の許可を得ます。

5.審査

管理組合がリフォーム内容について審査を行い、工事が可能かどうかを判定します。

6.申請者へ回答

リフォーム内容に問題がなければ認可され、リフォーム工事を行うことができます。

もし許可が得られなかった場合は、工事内容等を見直して再申請を行います。

7.近接住民への挨拶と事前承諾

工事に伴う騒音等が発生するため、近隣住民の部屋を訪れ、事前許可と挨拶をしておきます。

業者によっては挨拶を代行してもらえる場合もありますので、忙しい方は任せてしまうのも良いでしょう。

8.契約

見積りやプランに満足し、管理組合の許可が得られたらリフォーム業者と契約を結びます。

9.リフォーム工事

リフォーム工事を開始し、リフォームを進めていきます。

10.工事完了と確認

リフォーム工事が完了したら、施工した部分についてプランとの差異がないかどうか、使用時に気になる問題がないかを確認していきます。

施工後に工事が原因で発生した問題については、アフターケアで対応している業者も多いのですが、工事直後の確認で判断できればよりスムーズに対応が受けられますし、確認の手間を減らすことができます。

また、水回りの配管工事を行った場合については、排水管の配置によって水が流れにくくなるという問題が起こることがありますので、何度か水を流して確認すると良いでしょう。

マンションリフォームを依頼する業者を探すポイントとは

業者選びの際には、マンションリフォームの実績がある会社をリフォーム情報サイトなどで調べ、実績が豊富な会社から選ぶことが大切です。

マンションリフォームでは、管理組合とのやりとりや近隣住民に対する対応といった一戸建てリフォームとは違う知識と経験が必要となるため、マンションリフォームに慣れた業者に依頼したほうが安心と考えられます。

その他の注意点として、リフォームの際には、複数の業者に見積りを依頼して比較する相見積もりを行うようにしましょう。

複数のリフォーム業者に見積りを依頼することにより、業者間の価格差や工事内容の違いを比較することができます。

これにより、平均より見積価格が乖離している業者を判別することができますし、必要な工事についても判断することができるでしょう。

優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームの基礎知識は、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!