1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 埼玉
  6.  > 
  7. 鶴ヶ島市で評判のリフォーム会社や補助金一覧 

2021年12月09日更新

鶴ヶ島市で評判のリフォーム会社や補助金一覧 

鶴ヶ島市のリフォーム会社の選び方

鶴ヶ島市では、住宅取得やリフォーム、耐震改修、バリアフリー改修などに関して補助や助成を利用することができます。

このような制度を利用したい場合は、制度の対象となるリフォームに詳しい会社を選ぶことが大切です。鶴ヶ島市近郊の坂戸市や川越市、日高市なども含め、リフォーム会社を選ぶと選択肢が増えます。

下記の「鶴ヶ島市で評判のリフォーム会社一覧」では、鶴ヶ島市にあるリフォーム会社を紹介しています。ぜひ、リフォーム会社選びの参考にしてください。

鶴ヶ島市で評判のおすすめ人気リフォーム会社

株式会社北田工務店

株式会社北田工務店のおすすめポイント

  • 本物の木材建築を
  • 耐震リフォームで安心安全な住まいを

続きを読む

株式会社北田工務店は「真心をこめた家づくり」をモットーとし、本物の木造建築にこだわってきました。時に厳しい我が国の自然環境にも耐え、そして深いやすらぎを満たす住まい。同社では、この両方を叶える家こそが、真心のこもった木造住宅と考えています。

優秀施工者国土交通大臣顕彰者でもある代表をはじめ、木材を知り尽くした熟練の職人集団が目に見えない部分までこだわりぬいた住まい、そのクオリティは確かなものです。

独自ルートで確かな材料を仕入れて自社加工することで、低価格ながら本物の木造住宅を提供できる仕組みがあります。

所在地埼玉県鶴ヶ島市太田ケ谷369-1

株式会社齊藤建設

株式会社齊藤建設のおすすめポイント

  • 水廻りリフォームのすすめ
  • 工務店での外壁塗装おすすめ
  • 断熱リフォーム

続きを読む

株式会社齋藤建設は埼玉県鶴ヶ島市に明治20年に創業した工務店です。

同社のモットーは、今ある不満を解決するだけでなく、世代を超えた豊かな暮らしが続く家づくり。水廻りリフォームなら、設備交換や動線を改善するのはもちろん、構造材の劣化対策や、断熱性能アップ工事など、長く快適に過ごせる住まいづくりを提案します。

同社は施工エリアを「同社から自転車で行ける範囲」としており、まさに地域密着型の工務店。水漏れやガラスの割れと言った緊急性の高い工事から、どこに頼んだらいいのか分からないちょっとした工事まで、地域の顧客の困りごとに迅速な対応が可能です。

所在地埼玉県鶴ヶ島市五味ヶ谷152-10

鶴ヶ島市で受けられるリフォーム補助金・助成金

鶴ヶ島市では、住宅取得やリフォーム、耐震改修、要介護や障害のある方などのために行う自宅のバリアフリー化に対する補助や助成などを受けることができます。

以下では、リフォームに関連する補助金や助成金について、鶴ヶ島市で受けることができる主な制度を紹介します。情報は2021年12月6日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

鶴ヶ島市 木造住宅耐震改修補助制度

市内にある、1981年5月31日以前に着工された木造住宅について耐震改修を行う場合、所有者なら、費用の一部について補助を受けることができます。

住宅は、在来軸組構法または枠組壁工法による2階建て以下の木造建築で、戸建住宅または延べ面積の過半が居住用の兼用住宅で1981年6月1日以降に増築及び改築を行っていない建築物のうち、耐震診断による安全性の総合評価が1.0未満と判定されたものが対象です。

対象となる耐震改修は、建築士事務所に所属している建築士が総合評価1.0以上になるように行った改修設計に基づき、建設業法に規定する建設業者が工事を実施し、耐震性を確保することが要件です。

補助は、20万円を上限として、費用の23%以内が支給されます。市への事前申請が必要です。
要件や手続きなどの詳細については、市の都市計画課でご確認ください。

介護保険・住宅改修

市内に在宅の、要介護や要支援認定を受けた市民の方なら、自宅で手すりの取付けや段差の解消などの小規模な改修を行う場合、20万円を上限に、費用の9割または8割について給付を受けることができます。

利用者の自己負担は、1割または2割です。市への事前申請が必要です。要件や改修の種類、手続きなど詳細については、担当のケアマネジャーまたは市の高齢者福祉課介護保険担当にご確認ください。

鶴ヶ島市 重度身体障害者居宅改善整備費の補助

市内に在宅の、身体に一定の重度な障害のある方なら、自宅での日常生活の利便を図るために、障害に応じた住宅の改造を行う場合、費用の一部について補助を受けることができます。

対象者は、下肢または体幹機能に障害があり、1級または2級の身体障害者手帳を所持している方です。ただし、市への事前申請が必要です。また、所得制限がありますのでご注意ください。

改造は、居室やトイレ、浴室などを、障害に応じて使いやすくするための工事が対象です。なお、介護保険・住宅改修の対象となる工事については、介護保険が優先されます。

補助は、36万円を限度額として、費用の3分の2が支給されます。ただし、生活保護世帯においては、限度額は36万円と同額ですが、全額補助を受けることができるため、自己負担がありません。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】國場絵梨子

りこ行政書士事務所

國場絵梨子

行政書士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、AFP、測量士補。行政書士試験合格後「りこ行政書士事務所」を開業し、補助金申請や融資、遺言、相続といった相談とサポートを行っている。

一括見積もりを依頼する