1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 東京
  6.  > 
  7. 港区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2021年04月22日更新

港区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

東京都港区では、住宅に太陽光発電設備などのエネルギー機器や、省エネルギー機器を設置する場合に補助金を受けることができます。港区でこれらの機器を用いたリフォームをお考えの方、予定されている方向けに評判の良いリフォーム会社を調査しました。

港区のリフォーム会社の選び方

港区では、高断熱窓の導入や高反射率塗料での塗装、また、耐震化改修費用などについての助成制度を利用することができます。

下記の「港区で評判のリフォーム会社一覧」では、港区にあるリフォーム会社や工務店を紹介しています。ぜひリフォーム会社選びの参考にしてください。

港区で評判のリフォーム会社一覧

D.S.Pコーポレーション株式会社
所在地東京都港区南青山1-21-10 青山フラット1F
TEL0120-78-1416
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート 店舗・オフィス
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
夢・理想・感動、そして笑顔を・・・

弊社は「すべての人々に笑顔を・・・」をテーマに、一般内装から商業施設にいたるまで「ほんもの」で夢ある空間設計をお客様と一緒に考え、それを形にし、叶える事を使命と思う内装総合コンサルティング会社です。
特に、防音に関しては特化しており一般住宅のピアノ・ドラムなどの楽器練習防音室からオーディオルームやシアタールーム、リハーサルスタジオ、ダンススタジオその他、専門スタジオまで幅広いジャンルの設計、施工を行っております。
この会社への相談
株式会社キミ建設
所在地東京都港区南麻布1-15-11
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
弊社は東京都港区に拠点を置き、60年以上の実績を持つ会社です。一都三県を中心に住宅の設計・施工やリノベーションを手掛けております。

戸建・マンション問わず、モダンやビンテージ、北欧風といった様々なスタイルでの提案をいたします。お客様のスタイルにあわせてセンスよく仕上げます。
株式会社TOKAI
所在地東京都港区海岸1-9-1 浜離宮インターシティ   
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
株式会社TOKAIはガスを主体とするエネルギー事業で静岡県からスタートし、全国で事業展開をしている会社です。

ガスは生活と直結しているものであり、そこから発展して現在はガス供給事業から「生活総合産業」へと展開しました。中でも「TOKAI WiLL」と称したリフォームサービス事業では、特に女性プランナーによる女性目線のアドバイス・提案を提供し、お客様の視点になって細やかなサービスを提供しております。

「品質を実証する」「お客様の生活を進化させる」「お客様の感動を創造する」を3つの約束として掲げ、日々お客様と向き合っております。
東京ガスライフバル 港・渋谷・調布・狛江
所在地東京都港区芝1-15-5 リオテック芝ビル3階
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート
対応
工事種別
水まわり(キッチン・浴室・トイレなど)
会社の特徴
当社は東京ガスグループとして、確かな技術力をもって、また地域密着の企業としてお客さまに近い存在となり、設立2006年より機器の販売・修理・リフォームを行っております。

“住まいのかかりつけ”を目指して、給湯器やコンロのお取替はもちろんトイレ・浴室・洗面・システムキッチンなどの水回りを中心に対応しております。リフォーム後も3・11カ月後に点検を実施しておりますのでご安心ください。

お住まいに関して「どこに頼めばいいの?」と迷ったら、ぜひ東京ガスライフバル港・渋谷・調布狛江にお任せください。

港区で受けられるリフォーム補助金・助成金

港区では、高断熱窓の導入や高反射率塗料による塗装、また、耐震化改修費の助成や、高齢者や要介護者などに対する住宅改修費支給などの助成を受けることができます。

以下では、港区で受けることができる、主なリフォーム補助金や助成金について紹介します。なお、情報は2021年4月22日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

創エネルギー・省エネルギー機器等設置費助成制度

区内にある住宅に居住する区民や事業者などであれば、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を削減することを目的として設備改修や対象機器を設置する場合、費用の一部について助成を受けることができます。

助成対象工事は、高断熱サッシの導入、省エネ診断結果に基づく設備改修、日射調整フィルムの設置、太陽光発電や蓄電システム、またはエネファームの設置などとされています。

助成は、高断熱サッシを導入する場合、10万円を上限として費用の4分の1を、また、省エネ診断結果に基づく主に事業所の設備改修の場合であれば、100万円を上限として、費用の4分の1について助成を受けることができます。

高反射率塗料等材料費助成制度

区内にある建物の所有者であれば、地球温暖化対策やヒートアイランド対策として、屋上や屋根に高反射率塗料の被覆工事を実施する場合、材料費の一部又は全部について助成を受けることができます。

個人住宅の場合、30万円を上限として、材料費または1平方メートル当たり2千円を対象面積に乗じた金額のいずれか低い額について、助成を受けることができます。共同住宅の場合、100万円が上限となります。

既存住宅における高断熱窓導入促進事業(2018年時点)

都内にある住宅の所有者であれば、高断熱窓への改修について、50万円を上限として、費用の6分の1について助成を受けることができます。

民間建築物耐震化促進事業(補強設計・改修工事助成)

1981(昭和56)年5月31日以前に建てられた、区内にある建物の所有者または代表者であれば、区の耐震設計に沿って木造または非木造建築物の耐震改修を行う場合、費用の一部について助成を受けることができます。

木造の場合、200万円を上限として、費用の2分の1について助成を受けることができます。非木造の場合の上限額は、個人住宅であれば300万円に、分譲マンションであれば7,000万円に増額されます。

要支援・要介護者の「住宅改修費支給」

区内の要支援・要介護と認定された方が、手すりの取り付けや段差の解消など、自宅で自立した生活を送ることを目的として住宅を改修する場合、20万円を限度として、費用の最大9割について補助を受けることができます。

高齢者自立支援住宅改修給付

介護認定を受けていない65歳以上の区民であれば、日常の動作に困難があり、手すりの取付けや段差の解消などの住宅の改修が必要と認められる場合、20万円を上限として、費用の9割程度について助成を受けることができます。

また、介護認定を受けている方も含め、浴槽の取り替えでは上限を37万9千円、流しや洗面台の取替えでは15万6千円など、設備改修工事費用に関する助成を受けることもできます。

お住まいの地域に対応する優良なリフォーム会社を見つけるには?

ここまで説明してきたリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国900社以上が加盟しており、リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する