2024年06月10日更新

監修記事

ユニットバス交換の費用はいくら?費用が大きく変わる4つの要素を把握しよう!

ユニットバスの交換費用は主に4つの要因で価格が変動します。この記事ではユニットバス交換の費用相場のほか、選び方、費用を抑えるためのポイントなどについて詳しく解説しますので、バスルームのリフォームを検討している方はぜひ参考にしてください。

出典:パナソニック-Lクラス

ユニットバスの交換費用はどれくらい?

およそ60万円~200万円でユニットバスの交換リフォームが行われています。交換費用はグレードや工事内容によって大きく変わりますが、まずは以下のような相場感をざっくりと掴んでおきましょう。

ユニットバスのグレードリフォーム費用
低グレード60〜100万円
中グレード100〜150万円
高グレード150〜200万円
ユニットバス交換の費用相場

ユニットバスの交換費用の内訳例(モデルケース)

ユニットバス交換費用の見積もり内訳の例を以下に示します。

ユニットバス本体価格
基本仕様+オプション 定価1,200,000
(掛け率例:定価×55%)
660,000
ユニットバス組み立て工事100,000
既設ユニットバスの解体撤去処分工事50,000
ドア枠・クロス復旧工事60,000
給排水配管工事50,000
換気ダクト工事20,000
電気工事20,000
仮設・養生工事30,000
諸経費80,000
消費税110,000
リフォーム費用合計1,210,000
ユニットバス交換費用の見積もり内訳例

このように、ユニットバスの交換費用は本体価格とその他の工事費によって決まります。本体価格はユニットバスの選び方によって変わり、工事費はリフォームする現場の施工条件によって変わります。それぞれを以下に詳しく解説していきます。

どんな要素で工事費は大きく変わる?

ユニットバスの交換費用は、以下の内容によって大きく変わります。それぞれ詳しく解説します!

①ユニットバス本体のグレード
②ユニットバス本体のサイズ
③ユニットバスのオプション価格

④設置工事費・付帯工事費

①ユニットバスのグレードと価格

出典:TOTO-サザナ

各メーカーの製品ラインナップには様々なグレードがあり、浴槽や壁、床などの素材やデザイン、設備機器の仕様などがそれぞれ異なっています。下の表のように、同じサイズでもグレードによって大きな価格差があることがわかります。

ショールームやカタログを見ていると、高いグレードの製品に目移りしがちですが、ご家族のライフスタイルをよく考えて、過不足のない製品を選びましょう。

ユニットバスのグレード
(1616(1坪)サイズ)
基本仕様の価格
(定価・税別)
サザナ Nタイプ 85万円
サザナ Tタイプ 112万円
サザナ Pタイプ 131万円
シンラ Dタイプ160万円
シンラ Gタイプ210万円
TOTOユニットバスのグレード別価格

なお業界の慣習として、ユニットバスはメーカーが公表しているカタログ定価に対して50~70%程度の掛け率で納入・販売されることが一般的です。掛け率はメーカーや製品シリーズ、また施工するリフォーム会社によって異なります。

掛け率とは?

カタログに書かれている定価に対して、実際に工務店を経由してユーザーに納入される価格の割引き率のことを表しています。見積り内訳書の備考欄に「×55%」のように記載されることもあり、記載がない場合は確認してみましょう。

※カタログ通りの定価販売をしているメーカーもあります。

>>大手ユニットバスメーカーのお風呂の特徴はこちらの記事で紹介!

②ユニットバスのサイズと価格

ユニットバスの規格サイズと内寸例

ユニットバスの価格はサイズによっても変わります。

下の表では同じメーカー・グレードのユニットバスをサイズごとに比較しています。一般的に多く採用されている1216サイズ1616サイズ広さに比べて割安感があります。

1317や1717サイズは省スペース型となっており、間取りを変更することなく一回り広い空間が得られる場合があります。既存の状態に合わせて、無駄なく効率的なサイズのユニットバスを選ぶことが大切です。

ユニットバスの規格サイズ基本仕様の価格
(定価・税別)
1116(0.75坪)97万円
1216(0.75坪)98万円
1317(0.75坪)105万円
1616(1坪)107万円
1618(メーターモジュール)121万円
1818(メーターモジュール)134万円
1717(1坪)113万円
1620(1.25坪)134万円
1624(1.5坪)160万円
TOTO-サザナSタイプのサイズ別価格 ※表の価格はあくまで目安です。メーカーにより価格は異なります。
「1616」は何を表しているの?

ユニットバスの規格サイズを示す1216(イチニー・イチロク)、1616(イチロク・イチロク)といった数字は、幅と奥行の内寸(内側を測った寸法)の組み合わせを表しています。例えば1616は幅1600mm×奥行き1600mmの内寸となります。

>>ユニットバスのサイズの選び方はこちらの記事でチェック!

③ユニットバスに追加できるオプション費用

ユニットバスは基本仕様に加えて様々なオプションを追加することができます。

オプションによって便利さや快適さが向上しますが、ひとつひとつは小さくても積み重なると思わぬ費用になってしまうため、本当に必要かどうかをよく吟味して選びましょう。

主なオプション内容価格(定価)
折れ戸→ドア・引き戸への変更1〜3万円
折れ戸→3枚引き戸への変更6〜8万円
収納棚の追加1〜4万円
手すり1〜2万円
断熱材パック2〜3万円
断熱浴槽3~4万円
追い焚き加工1〜2万円
窓がある場合の窓枠セット3〜4万円
ダウンライトへの変更6〜8万円
浴室暖房乾燥機15〜20万円
ジェットバス20〜30万円
浴室テレビ20〜40万円
ユニットバスのオプション価格例 ※表の価格はあくまで目安です。メーカーにより価格は異なります。

④付帯工事・追加工事で費用が変わる場合がある

ユニットバス工事の現場 著者撮影

ユニットバスの交換では本体価格だけでなく、その他の工事費用も現場の諸条件によって大きく変わります。

また現場の状況により、ユニットバス交換と同時に行うべき工事もあります。

たとえば、給湯器が古くて機能的に対応していなかったり、追い焚き機能を追加する場合には、これを交換する工事が必要になることがあります。

以下にユニットバス交換にともなう付帯工事・追加工事の例を示します。

付帯工事・追加工事の例追加工事費用の例
壁を移動して間取りを変更し、浴室を広くする10〜30万円
2階にあるユニットバスを交換する0~10万円
窓を追加したり、断熱サッシに交換する10〜20万円
基礎や外壁の断熱を改修・追加する2〜5万円
劣化した給排水配管を交換する2〜5万円
浴室暖房機などの追加により電気工事が必要2〜5万円
出入り口からの搬入経路が特に長い・狭い2〜5万円
ガス給湯器を交換する15〜30万円
ガス給湯器をエコキュートに交換する40〜70万円
ユニットバスの付帯工事・追加工事例 ※表の価格はあくまで目安です。施工会社により価格は異なります。
まずは
無料お見積もりから

ユニットバス交換時期のめやすとは?

ユニットバスには寿命があり、交換時期のめやすは15〜20年程度です。以下のような症状が出てきたら、交換を検討されてもよいでしょう。

・床や壁、浴槽などの汚れや変色、カビ、サビが目立ち、掃除をしても取りにくい
・ドアや窓まわり、シャワーやカランなどから水漏れがある
・カビ臭さや排水口の異臭がある
・浴槽や床、壁が破損している
・壁パネルや浴槽の継ぎ目のシーリングが切れている
・換気扇から異音がする、湿気がこもる
・シャワーやカランに不具合があり水量・湯温の調整がしにくい

また工業製品であるユニットバスは機能・性能・デザインが大きく進化しています。20年を過ぎたユニットバスを交換することで、大きな満足感を得られるでしょう。

昔と比べてこの機能が向上した!

壁や床、浴槽などが継ぎ目の少ない形状に改善され、素材に防汚・防カビ加工も施されて掃除がしやすくなりました。壁や浴槽の断熱材によって保温効果が高くなり、節水機能のあるシャワーヘッドや水栓が普及して省エネ性能が向上しています。浴室暖房乾燥機やミストサウナなどの新機能もあり、快適で便利な空間になっています。

ユニットバス交換の工期は?

ユニットバスの交換リフォームの工期のめやすは以下のようになります。

単純な交換であれば工期は短く済みますが、間仕切り壁を移動するなどして内装や設備の付帯工事が多くなる場合は工期も長くかかります。

ユニットバスの交換工事中はお風呂が使えず不便になってしまうため、事前に工期をよく確認しておきましょう。

ユニットバス交換の施工条件工期
既存と同サイズのユニットバスにそのまま交換する場合2~4日
間仕切り壁を移動してユニットバスのサイズを変更する場合4~12日
在来工法からユニットバスに改修する場合6~12日
ユニットバスの交換リフォーム工期のめやす

ユニットバスの浴槽だけ交換できる?

ユニットバスの「浴槽だけ」を交換することは可能なのでしょうか? 

結論からいえば、浴槽だけを交換できるケースは少なく、できる場合であっても浴槽だけでなくユニットバス本体を交換することをおすすめします。

埋込み型ユニットバスの構造
据え置き型ユニットバスの構造

ユニットバスには「埋め込み型」と「据え置き型」があり、近年のユニットバスは埋め込み型が主流となっています。

埋め込み型のユニットバスは、床の防水パンと専用の浴槽を組み合わせて一体化され、その上に壁を立てる構造になっているため、基本的に浴槽だけを取り外して交換することはできません。

これに対して据え置き型は、防水された浴室ユニットの床面に浴槽を置き、床面を介して排水する構造になっているため、原理的には浴槽交換が可能です。

ただしこのタイプは古いものが多く、対応する浴槽がすでに製造されていないことがあり、交換できるケースは限られます。

※ユニットバスメーカーに製品番号を問い合わせて交換の可否を確認することができます。

リフォームの現場では浴槽のみの交換工事は主流ではない!

実際には、リフォーム現場でユニットバスの浴槽だけの交換工事はあまり行われていません

仮に交換可能な場合であっても割高な工事費用がかかり、また浴槽が寿命を迎える頃には他の部分も劣化が進んでいることが多いので、本体交換を行う方が無駄がなくリーズナブルであるといえるでしょう。

>>浴槽のみの交換はこちらの記事でチェック!

まずは
無料お見積もりから

ユニットバスと在来工法の違いとは?

在来工法浴室の施工例 著者撮影
在来工法浴室の施工例 著者撮影

ユニットバス(システムバス)とは、主要な部品を工場で製造し、現場で組み立てて設置するタイプの浴室のことです。壁、天井、床、浴槽などのパーツが決められた規格サイズで生産され、乾式工法で組み立てられます。

これに対して、現場で手作業で造られる従来の浴室は在来工法と呼ばれています。

床をコンクリートやタイル、壁や天井はタイルやパネル、木材などの建材を使用し、水栓金具や照明なども自由に選択することができるため、それらの仕様によって費用は大きく変わります。

在来工法のリフォームでは、既存部分の劣化が少なく、壁や天井材を張り替える程度であれば比較的安価に施工できますが、劣化が大きい場合には大掛かりで高額な工事になります。

また築年数の古い木造住宅では水漏れや湿気によって木材が腐朽していたり、シロアリ被害の原因にもなりやすいため、一般的にはユニットバスへのリフォームがおすすめです。

>>在来工法の浴室からユニットバスへの変更はこちらの記事をチェック!

戸建てとマンションの違いとは?

出典:リクシル-マンション用ユニットバス リデア

ここでは、戸建て住宅とマンションのユニットバスの違いについて解説します。

戸建て住宅のユニットバス

戸建て住宅の浴室は在来工法とユニットバスがあり、在来工法からユニットバスに改修する場合と、古いユニットバスを新しいユニットバスに交換する場合があります。

戸建て住宅では給排水配管や換気設備の変更が比較的容易で、窓を設置したり断熱を改修するなどの自由度もあります。

注意点としては、床下や壁の中が劣化していると思わぬ修繕費用がかかる場合があり、現地調査の際に詳しく確認する必要があります。

戸建て向けのユニットバスは1坪サイズ、1.25坪サイズのように呼ばれ、木造住宅の基本寸法である尺モジュールに適した規格サイズになっています。

マンションのユニットバス

マンションの浴室は基本的にユニットバスであり、これを交換することになります。

一般的に戸建て住宅よりも付帯工事が少なく費用は少なく済みますが、管理組合の規約などによりコンクリートスラブや配管の改修が制限されていたり、上下階への騒音振動の関係で位置の移動が難しい場合があります。

マンション向けのユニットバスは、コンパクトな間取りに対応できるように小刻みにサイズが用意されていますが、戸建て向けユニットバスを採用できる場合もあります。

>>マンションの浴室リフォームはこちらの記事をチェック!

まずは
無料お見積もりから

ユニットバスの交換で改善できることは?

出典:パナソニック-Lクラス

ユニットバスを交換することによって、多くのことを改善することができます。

①ユニットバスのサイズを大きくできる

近年、省スペース型のユニットバスが注目されています。

裏側の壁との間のクリアランスや配管スペース(デッドスペース)を小さくした構造になっており、内寸の幅と奥行きが5cm程度広くなっています。

既存のユニットバスが以下のようなサイズの場合には、間仕切り壁をそのままで浴室内を広くすることができる省スペース型のユニットバスを検討してもよいでしょう。

既存のサイズ(内寸)リフォーム後のサイズ(内寸)
1216(120cm×160cm)1217(120cm×165cm)
1316(130cm×160cm)1317(130cm×165cm)
1616(160cm×160cm)1717(165cm×165cm)
ユニットバス周辺の仕切り壁を移動して浴室を広くできる?

ユニットバス周囲の間仕切り壁を撤去・移動するなどして空間を広げることができる場合もありますが、多くの費用と工期がかかり、他のスペースを圧迫することになります。

>>お風呂を増築してサイズアップするケースはこちらの記事で紹介!

②断熱性能を向上できる

近年のユニットバスは断熱性能が向上しています。

寒い冬にも暖かく快適に入浴することができ、ヒートショックを減らすことにもつながります。お湯が冷めにくい構造の断熱浴槽や、ユニットバス全体を丸ごと断熱材で包み込む断熱パックなどのオプションがあります。

ユニットバスの断熱の仕組み
床下や壁内の断熱工事 著者撮影
ユニットバス周辺の壁内への断熱材敷設も効果的!

ユニットバスを交換する場合には、既存のユニットバスを撤去して壁や基礎の内部が露出するため、同時に壁や床下の断熱を改修できる場合があります。

特に古い家では壁や床下の断熱が不十分なことがあり、断熱材を増やしたり、より高性能な断熱材に交換することで、断熱性能を大きく改善することができます。

③お掃除のしやすい素材に変更できる

ユニットバスは構造がシンプルで継ぎ目が少ないため、汚れがたまりにくく、お掃除がしやすくなります。

また最新のユニットバスの多くは、防カビ・防汚加工が施された壁や床材が使用されており、汚れが付きにくく、カビの発生も抑えられます。

排水口や浴槽も掃除しやすい素材や形状になっており、簡単な手入れで清潔なバスルームを保つことができます。

④新築のような綺麗な仕上がりになる

出典:パナソニック-ビバス

ユニットバスの交換を行うことで、新築のような綺麗な仕上がりとなります。

新しいユニットバスは、最新のデザインと素材を使用しており、美しく清潔感があります。シャワーや水栓金物、鏡、照明などのパーツもすべて新品に交換され、全体的に統一感のあるバスルームになります。

また浴室は他の部屋から独立した空間であるため、家全体のコーディネートを気にすることなく、自由なデザインを選択することができます。ユニットバスを交換することで、日々の暮らしの満足度は大きく向上するでしょう。

⑤バリアフリー性を向上できる

浴室は床が濡れて滑りやすく浴槽の段差などもあり、家の中でも特に事故率が高い場所となっています。

ユニットバスを交換することによって、バリアフリー性を大きく向上させることができます。

手すり

出典:TOTO-サザナ

手すりを設置することで、浴槽の出入りや立ち座り時の安全性を向上させることができます。設置位置や高さは利用者の体格や使用状況に合わせて選択できます。デザインも様々あり、インテリアに調和するものを選ぶと良いでしょう。

スライドドア・3枚引き戸

ユニットバスの出入り口は標準が折れ戸や開きドアになっています。これをスライドドアに変更すると、開閉時にスペースも取らないため狭いバスルームも使いやすくなります。また3枚引き戸に変更すれば開口はさらに大きくなり、高齢者や障害のある方のシャワーチェアでの出入りや介助をしやすくすることができます。

滑りにくく柔らかい床材

出典:TOTO-サザナ-ユニバーサルデザイン

在来工法浴室のタイルやモルタル床は滑りやすく、硬いために転倒時に怪我をする危険性が高くなります。ユニットバスでは、出入り口の段差がなく、滑りにくく柔らかい安全性の高い床材が提案されています。

床段差の緩和

ユニットバスで床段差を解消する例
お風呂の段差は解消できる?

床の段差は転倒事故の原因になります。

戸建て住宅の在来工法の浴室は出入り口の床段差が大きい場合がありますが、ユニットバス交換時に段差を小さくしたり、解消することができます。

>>お風呂のバリアフリー化はこちらの記事からチェック!

ユニットバス交換の施工事例

ここからは、実際にユニットバスを交換した施工事例を紹介します。

戸建て住宅、マンション、在来工法からのリフォームなどのバリエーションがありますので、ぜひ参考にしてください。

ぴったりサイズシステムバスに交換した事例

リフォーム費用
約150万円
施工期間3日間
メーカー名タカラスタンダード
住宅の種類
マンション

RC造マンションの既存ユニットバスを、タカラスタンダード~ぴったりサイズ伸びの美浴室に交換しています。

タカラスタンダードの特徴であるタイル張りの床を採用し、 窓部分もプリーツ網戸を施工、枠の色なども配慮しています。入り口の枠材を加工し、既存より小さいドアでも内装工事をせずきれいに納めています。

ユニットバスを交換してよりお掃除しやすく!

リフォーム費用約60万円
施工期間5日間
メーカー名タカラスタンダード
住宅の種類マンション

劣化して不具合も起こっていたユニットバスを早めに交換したいという要望に応えて、メンテナンス面を優先した提案を行い、お掃除のしやすい清潔感のあるバスルームをローコストで仕上げています。

在来工法のお風呂をユニットバスに交換!

リフォーム費用約75万円
施工期間10日間
メーカー名TOTO
住宅の種類戸建て住宅

老朽化したタイル貼り在来工法浴室をTOTOのユニットバスに改修し、機能的で清潔感のあるバスルームにリフォームしています。天井、壁、浴槽が断熱材で包まれて保温性が向上し、段差を少なくして出入りを安全にしています。また給湯器も新品にしたことで浴室に入る前に温めておいてから入浴ができるようになりました。

冬場寒かった浴室の断熱性を改善!

リフォーム費用約150万円
施工期間7日間
メーカー名TOTO
住宅の種類戸建て住宅

冬の寒さを和らげたいという要望から、高断熱浴槽及と浴室換気乾燥暖房機を提案し、暖かく快適で便利なバスルームを実現するとともに、設置個所の布基礎部の床補強処置も行って、長期的な耐久性も改善しています。

ユニットバスの最上級グレード「シンラ」に交換!

リフォーム費用約305万円
施工期間1カ月半
施工箇所浴室、洗面台・洗面所、その他
メーカー名TOTO シンラ
住宅の種類戸建て住宅

各社の最高級グレードを比較提案の上、TOTOのシンラを導入しています。

劣化したエコキュート設備を交換するとともに、ウルトラファインバブルも提案。洗面所も同時に改修するなど、総合的な水回りリフォームを行なっています。

まずは
無料お見積もりから

ユニットバスの交換費用を抑えるコツは?

出典:パナソニック-Lクラス

ユニットバスの交換では、いくつかのコツを押さえることで費用を抑えることができます。以下に、費用を節約するための具体的な方法を提案しますので、参考にしてみてください。

①シンプルなユニットバスを選択する

ユニットバスはグレードとオプションで価格が大きく変わります。

ショールームやカタログでは高機能な製品に目移りしがちですが、シンプルで最小限の設備の内装を選び、標準仕様またはマイナスオプションを選択することで、本体価格を抑えることができます。

便利に思える棚やカウンターなども、実際の使い方に合わなかったり、お掃除がしづらい場合があります。ユニットバスの鋼板製の壁にマグネットで取り付けられる便利なアイテムも販売されており、近年はシンプルで飽きのこないデザインのユニットバスの人気が高まっています。

シンプルなユニットバス-著者撮影

②割安なメーカーや製品を確認する

ユニットバスの交換リフォームの見積もりは、本体価格とその他工事費というシンプルなものです。この中で多くを占めるユニットバス本体やオプション部品の価格は、公表されている定価に対して50〜70%程度の掛け率で納入されることが一般的ですが、ユニットバスメーカーや製品シリーズ、また施工するリフォーム会社によって違いがあります。

リフォーム会社を比較検討する際には、価格を抑えることを得意とする商品があるかどうかを確認してみましょう。特定のメーカーやシリーズにこだわりがない場合には、あえて指定せずに、割安に仕入れられる製品を提案してもらうことも良い方法です。

③洗面所などを同時にリフォームする

水回りリフォームの設備配管例

洗面所や脱衣室のリフォームもいずれ行いたいと考えている場合は、ユニットバスの交換と合わせて同時に施工することを検討してみてはいかがでしょうか。

ユニットバスの交換時にはドア枠周りを修繕したり壁紙を張り替えたりするだけでなく、給排水の配管工事や電気工事も行います。隣り合った部屋の洗面台や洗濯機パンなどを同時にリフォームすることで、別々の時期に行うよりも効率が良くなり、トータルでの費用を抑えることができます。

④ユニットバス交換に使える補助金はある?

ユニットバスの交換に各種の補助金が適用できる場合があります。以下に例を挙げますので、詳しくは自治体などの関係行政機関にご確認ください。

補助金制度補助対象となる浴室工事
子育てエコホーム支援事業・高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓の設置(エコ住宅設備)
・浴室乾燥機の設置(子育て対応)
・手すりの設置、段差の解消(バリアフリー)
長期優良住宅化リフォーム推進事業・ユニットバスの交換(劣化対策)
・高効率給湯器の設置(省エネルギー性の向上)
・手すりの取り付け、段差の解消(バリアフリー)
・三世代同居にともなう浴室の増設
介護保険・手すりの取り付け
・滑りにくい床材への変更
・段差の解消
各自治体によるリフォーム補助制度・バリアフリーリフォームを中心に独自に制定
ユニットバスに関連する補助金の例

>>格安・激安でユニットバスのリフォームをするには?

ユニットバス交換で注意するポイントとは?

①改善したいポイントを明確にする

なぜ、何のためにユニットバスを交換するのか、まずは改善したいポイントを明確にしましょう!

浴槽の広さや形状、シャワーなどの設備、収納スペースや断熱性能、バリアフリー対応など、具体的な要望をリストアップして、優先順位を付けていきます。ご家族全員でよく話し合い、多くの意見を取り入れるようにしましょう。

②既存の状態を確認する

リフォーム工事の前に、既存の浴室の状態をしっかり確認することが大切です。

見積もりの際にはリフォーム会社に詳細な現地調査をしてもらい、配管や給排水の状態、床下の劣化具合や断熱の有無などをチェックし、正確に見積もりに反映させることで、工事中のトラブルや予期せぬ追加費用を防ぐことができます。

また、既存のスペースの寸法を正確に測定し、新しいユニットバスが適切に収まるかどうかを確認することも大切です。

③ショールームで実物を確認する

ユニットバスは毎日使用し、身体が触れるデリケートな空間です。なるべく、メーカーのショールームで実物を確認することをおすすめします。

実際の広さの感覚や浴槽の入り心地を体感したり、壁や床の材質、設備機器やドアなどについて、質感や使い勝手を確かめることができます。また、ショールームではメーカーの担当者から最新の設備やデザインの提案を受けたり、わかりやすい立体的なイメージ図で確認することができます。

④工期と生活への影響を確認する

ユニットバスの交換リフォームは、最短で2日から、工事内容によっては2週間以上かかる場合があります。また工事中には家全体の給排水や電気が使えないタイミングもあります。

工期がどれくらいかかるのか、工事中の生活にどのような影響があるかについて、見積もりと同時に確認しておきましょう。バスルームが使えない期間の対応策(仮設シャワーの設置や近隣の施設利用など)を考えておくことも必要です。

⑤信頼できる業者を選び、見積もりを詳しく確認する

ユニットバスの交換リフォームは、生活空間内での工事となり、給排水や電気などを含む複雑な工程を短期間で行うため、高い経験値と対応力が必要になります。業者選びの際には、過去の施工実績や口コミ、評判をよく確認しましょう。

また、見積もり内容を詳しく確認することも大切です!

ユニットバス本体価格については、カタログやショールームで確認した内容が間違いなく反映されているかを確認します。その他の工事費用については、内容に詳細を説明してもらい、現場の状況によって追加料金が発生する可能性があるかどうかについても事前に確認しておきましょう。

良いお風呂のリフォーム会社の選び方とは?

見積もりや契約内容が明確で、誠実な対応の業者を選び、互いに信頼関係を築くことで、満足のいくユニットバス交換リフォームが実現できるでしょう!

まずは
無料お見積もりから

風呂・浴室のリフォームで、優良な会社を見つけるには?

本記事の風呂・浴室リフォームは一例で、「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって大きく異なります。複数社の見積もりを「比較」することが重要です!

実際のリフォーム費用が気になった方は見積もり比較のステップに進みましょう!

「本当に信頼できる会社が分からない……」「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒……」

そんな方のため、無料で簡単に比較できるようになっています。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで、1000社以上が加盟しており、安心してご利用できます。

無料の見積もり比較はこちら>>

後悔しないリフォーム・満足できるリフォームのため、慎重にリフォーム会社を選びましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】久田麻里子

2級建築士、インテリアコーディネーター、住環境福祉コーディネーター。ハウスメーカー、リフォーム会社での建築業を幅広く経験。主婦・母親目線で様々なリフォームアドバイスを行う。主な担当は水回り設備リフォーム、内装コーディネート、戸建てリフォームなど。

LINE 友達追加
まずは
無料お見積もりから
【お住まい周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする