2024年01月24日更新

監修記事

格安・激安でユニットバスのリフォームをするには?

浴室リフォームといえば、やはりユニットバスが主流です。できれば格安にリフォームしたいですよね。インターネットで調べると、一般的な相場は50万~100万円と言われていますが、格安相場50万円を切るための激安リフォームを追求しました。

お風呂のリフォームを激安で行うためのポイントは?

お風呂のリフォームというと、施工費用が高くなる印象をお持ちではないでしょうか。いくつかのポイントを抑えておけば、格安でお風呂のリフォームをすることもできます。そのポイントをいくつか紹介していきます。

最初に考えるポイントが、お風呂のリフォームに強い業者を選ぶことです。お風呂のリフォーム実績が多い業者は、技術はもちろんメーカーから資材を大量に仕入れているため、お手頃価格で工事できる可能性が高くなります。

このような業者でも複数社に見積もりを依頼することをお勧めします。同じ工事内容でも業者によって金額は異なります。また、業者によって工事内容が異なる、というケースも多くあります。

工事内容や商品価格、施工費用などを比較検討することで、お風呂のリフォームを激安で出来る上、工事後のトラブルや追加工事などを避けることができます。

お風呂の資材グレードを下げることも方法の一つです。お風呂と言っても様々なグレードや商品があるので、その中から最低限のグレードを選ぶことでリフォーム費用を抑えることができます。

ユニットバスは低価格モデルの標準仕様を選ぶ

格安・激安でユニットバスのリフォームをするには?

各メーカー、一番格安なユニットバスは「低価格モデルの標準仕様でオプションなし」です。

各メーカーの一番格安なユニットバス価格を平均すると69万円です。参考価格から30%~60%程度は割り引かれることを見込むと、実際の購入価格は27万~48万円前後になる計算です。

まずは
無料お見積もりから

ユニットバス入れ替えの工事費の内訳と相場

格安・激安でユニットバスのリフォームをするには?

ユニットバスは割り引かれることが多いですが、工事費は人件費を兼ねているので、業者さんとしても大幅に割り引く訳にはいきません。最低でもかかる工事費の内訳を見てみましょう。

既存ユニットバス解体:3万~5万円前後
給排水移設工事:3万~4万円前後
ユニットバス組立・据付:5万~8万円前後
給排水繋ぎ込み:1.2万~2.1万円前後
換気扇等の電気工事:1.2万~2.1万円前後
廃材処分費:1.8万~2.8万円前後
養生等仮設工事:1.2万~2万円前後
大工工事:3万円前後

合計で19.4万~29万円前後になりましたが、既存のドア枠が小さかった場合は、壁の解体やドア枠工事、内装補修工事も必要となるので、大工工事費が増加する可能性もあります。

ユニットバスのリフォーム費用の無料比較見積もりはこちらから>>

激安リフォームの鍵はユニットバス購入割引率です

格安・激安でユニットバスのリフォームをするには?

工事費込みのリフォーム総費用は、割引率によって大きく変わってきます。どれだけ違うか比較してみましょう。

ユニットバス最低価格平均:69万円
最小限目安工事費:19.4万円

・3割引:69万円×70%+19.4万円=67.7万円
・4割引:69万円×60%+19.4万円=60.8万円
・5割引:69万円×50%+19.4万円=53.9万円
・6割引:69万円×40%+19.4万円=47万円

6割引で、相場の最安値50万円を切りました!検証の結果、激安リフォームを可能にするためには割引率の高い業者さんを選ぶことです。あくまでもユニットバスの価格は平均値なので、できる限り格安な商品を選べば6割引以下でも50万円を切ることが可能でしょう。

無料でリフォーム費用の「比較見積もり」をしてみる>>

まずは
無料お見積もりから

ユニットバスの標準仕様から、さらに格安にする方法

初めに、ユニットバスは標準仕様が一番格安と説明しましたが、メーカーによって標準装備されている項目の中で、あえて装備しないことができるものがあり、価格もその分マイナスされます。

【例1】
シャワーヘッドのランクダウン:-2,000円
タオル掛けなし:-490円
鏡なし:-5,000円
収納棚なし:-5,000円

【例2】
浴槽握りバーなし:-10,000円
シャワーホースフックなし:-1,000円
収納棚なし:-2,000円
タオル掛けなし:-660円

トータルで1.2万円~1.3万円程度ですが、必要ないものは外して、さらに激安にリフォームしましょう。

お風呂の格安リフォームの際に最低限備えるべき機能は?

お風呂の格安リフォームの際に、価格を抑えすぎて最低限必要な機能を備えていないと、生活する上で様々なトラブルが生じてきます。そうならないために、最低限備えておくべき機能を紹介していきます。

まずは、お風呂床の水捌け機能です。床の水捌けが悪いと、カビや汚れの原因となりメンテナンスが大変になります。格安でお風呂のリフォームをする場合でも、このポイントは抑えておきましょう。

商品によっても異なりますが、床の水捌け機能を付ける場合、1坪約5万円となります。商品価格と施工費用を確認した上で、検討するようにしましょう。

基本給湯機能も最低限必要な機能の一つです。特に、ご家族世帯であれば追い炊きや自動湯張りのできる基本給湯機能は必須です。施工費用としては約7万円~約30万円が相場となります。

また、年配の方や心臓に持病のある方にとっては、冷暖房機能も重要になります。多少費用はかかりますが、冬場の浴室の寒さを考えると付けておくべきかもしれません。また、床が温かいことで、水捌けも良くなります。

お風呂のリフォームで冷暖房機能を付ける施工費用としては、約10万円~約25万円で設置することができます。

まずは
無料お見積もりから

お風呂リフォームの内訳は?

お風呂リフォームを経験することは、それほど多くありません。ですので、工事内容など詳しく分からないケースがあります。しかし、知っていることで避けられるトラブルもありますので、お風呂リフォームの内訳を紹介していきます。

(仮設工事)
養生:共用部や室内作業箇所に傷や汚れが付かないように養生します。

(商品代)
商品代:ユニットバスなど浴室や浴槽の商品代金です。

(工事費)
既設ユニットバス解体撤去工事:既存のお風呂を撤去する費用です。
※業者によっては処分費を含む場合もあります。
給排水工事:お風呂への給水と排水の配管工事などです。
電気工事:お風呂への電気やスイッチなどの配線、配管工事です。
新規ユニットバス組立て工事:新たに設置するユニットバスの設置工事です。
入口枠・袖壁復旧工事:既設のユニットバス撤去の際に解体した壁の復旧工事です。
※枠材など材料費も含みます。

(その他)
諸経費・現場管理費など:諸経費や現場管理する手数料です。
消費税:上記項目に課される消費税額です。

このように、お風呂のリフォームと一言で言っても、様々な分野の工事が関わってきます。内訳を把握した上で、業者さんと打ち合わせや相談をするようにしましょう。

ユニットバス入れ替えのリフォーム費用の相場は?

ユニットバスを入れ替える場合の費用は、約50万円~約100万円前後が相場と言われています。費用の内訳は、ユニットバスの購入価格と工事費です。

ユニットバスの購入価格の相場

格安・激安でお風呂や浴室のリフォームをするには?

各メーカーの一番シンプルなグレードの定価を平均すると約70万円程度です。割引率が30~50%だと仮定すると、購入価格は約35万円~約50万円前後になります。

ユニットバス入れ替え工事費の値段

格安・激安でお風呂や浴室のリフォームをするには?

ユニットバス入れ替えは、約3~4日間程の工事になります。

【工事内容】
既存ユニットバスの解体・撤去
給排水の移設工事
ユニットバスの組み立て・設置
給排水工事
電気設備工事
廃材の処分
養生や運搬
大工工事
工事費は約20万円~約30万円程度を見積もっておくと良いでしょう。

ユニットバス購入価格と工事費でリフォーム費用の総額は約55万円~約80万円ほどになりました。このように、リフォーム費用全体の約60%がユニットバス購入価格になる例が多いようです。

まずは
無料お見積もりから

在来工法浴室からユニットバスへのリフォーム費用相場は?

在来工法浴室からユニットバスへ交換する場合も、工事内容はほぼ同じですが、約4~6日間ほどの工事になることが多く、それぞれの工事単価も高くなります。

工事費を約35万円~約50万円前後と想定すると、ユニットバス購入価格を含めたリフォーム総額は約70万円~約100万円が目安となります。ユニットバス購入価格の割合は全体の50%になりました。

お風呂のリフォーム事例

便利で綺麗な浴室に

リフォーム費用 45万円
施工日数 5日
住宅の種類 一戸建て
築年数 15年
メーカー TOTO

ジェットバスから水漏れが起こっていたためリフォームをご希望されていました。自動湯張りが便利で、色も綺麗です。

使い勝手のいい浴室に

リフォーム費用 75万円
施工日数 3日
住宅の種類 マンション・アパート
築年数 25年
メーカー タカラスタンダード

入居から一度もリフォームをしておらず汚かったためリフォームをご希望されていました。最新の設備なので使い勝手がよく、汚れがつきにくいので掃除がしやすいです。

清潔感のある浴室に

リフォーム費用 70万円
施工日数 3日
住宅の種類 マンション・アパート
築年数 25年
メーカー・商品名 TOTO マンションモデルWTシリーズ Nタイプ

中古マンションを購入したため、タイルが汚れやすく古かったためリフォームをご希望されていました。白い清潔感のある浴槽で汚れにくく掃除もしやすいです。浴槽が広くなりました。

新築のような浴室に

リフォーム費用 30万円
施工日数 5日
住宅の種類 一戸建て
築年数 13年
メーカー TOTO

浴槽の汚れが取れなくなり、リフォームをご希望されていました。浴槽の形を変えてシャワーヘッドも変えたので新居に引っ越したような気持ちです。

まずは
無料お見積もりから

ユニットバスを購入しないリフォーム方法は?

格安・激安でお風呂や浴室のリフォームをするには?

ユニットバス、在来工法浴室、どちらの場合でも、新しいユニットバスの購入価格がリフォーム費用の中で約50~70%と大きな割合を占めています。ユニットバスを購入しなくても、新品のようにキレイになるリフォームの方法はないものでしょうか。

浴室専用の内装材で新品同様の浴室へ

既存のお風呂に浴室専用のフィルムやパネル等の内装材を施工することで、新品のユニットバスのような仕上がりになります。

【ユニットバスへの施工】

  • 壁、天井

フィルム貼り:約12万円~
パネル貼り:約16万円~

フィルム貼り:約4万円~
パネル貼り:約5万円~

【在来工法浴室への施工】

  • 壁、天井

パネル貼り:約20万円~

フィルム貼り:約5万円~

格安・激安リフォームの決定版『塗装』

ユニットバスも在来工法浴室も、塗装がいちばん格安でリフォームできます。経済的で工期も短く、廃材が出ないエコな浴室リフォーム方法です。

【塗装料金】

  • フルユニット:約15万円~約20万円前後
  • 浴槽 人工大理石:約10万円前後

    ホーロー:約13万円前後

  • 壁:約9万円~約13万円前後
  • 床:約5万円~約9万円前後
  • 天井:約4万円~約6万円前後

浴槽本体の価格を抑えるには?

浴槽を選ぶ際には、家族構成、浴室のイメージ、お手入れのしやすさ、大きさや材質など、様々な観点から最もふさわしいものを選びましょう。

この場合、材質によって価格に大きな違いがあるので注意が必要です。

浴槽の種類と価格

・FRP

格安・激安で浴槽の交換やリフォームをするには?

相場:約5万円~32万円
価格がお手頃なので、人気ナンバー1。汚れが付着しやすいデメリットがあります。

・ステンレス

格安・激安で浴槽の交換やリフォームをするには?

相場:約9万円~13万円
以前は主流の素材でした。保温性に優れているというメリットがあります。

・ホーロー

格安・激安で浴槽の交換やリフォームをするには?

相場:約10万円~40万円
耐久性に加え、保温性やお手入れのしやすさが特徴です。

・人工大理石のバスタブ

格安・激安で浴槽の交換やリフォームをするには?

相場:約40万円~124万円
掃除がしやすくお手入れが楽というメリットがあります。

・木製(檜など)

格安・激安で浴槽の交換やリフォームをするには?

相場:約30万円~170万円
木の種類もさまざまですが、特に檜のお風呂は香りを楽しむことができ、またその風合 いは他の素材では真似できません。
しかし、年数が経過すると黒ずみなどが発生し、お手入れが難しいといったデメリットがあります。

上記のように、商品の種類や価格帯は様々です。

格安・激安に浴槽をリフォームをするなら、FRP素材やステンレスなど、比較的価格の安い材質を選び、浴槽自体の価格を抑えることがポイントになります。

まずは
無料お見積もりから

自身の希望に合うリフォーム会社を探す

浴槽の素材が決まったら、次にその商品をより安く購入・設置できるリフォーム会社をインターネットやチラシなどで探しましょう。

会社によって安くできる商品が違ったりしますので、根気よく探すことをお勧めします。

こうした自身の希望に見合ったリフォーム会社を見つけることが、浴槽の格安リフォームにとって重要なポイントです。

工事を含まないリフォームで激安に

浴槽のリフォームの際に、工事が発生するとやはり費用がかかります。
そこで、浴槽自体の交換のみを行い、「浴槽塗装」という工事を伴わないリフォームで費用を抑えることもできます。

また、反対に浴槽を交換せずに、「浴槽塗装」のみ行えば激安でのリフォームが可能です。

浴槽塗装の工期は短いうえに、浴槽交換に伴う費用に比べ約10分の1の価格で済みます。さらに、塗装によって、浴槽の色を変更することもできますので、お風呂場のイメージを一新できてお勧めです。

まずは
無料お見積もりから

風呂・浴室のリフォームで、優良な会社を見つけるには?

本記事の風呂・浴室リフォームは一例で、「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって大きく異なります。複数社の見積もりを「比較」することが重要です!

実際のリフォーム費用が気になった方は見積もり比較のステップに進みましょう!

「本当に信頼できる会社が分からない……」「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒……」

そんな方のため、無料で簡単に比較できるようになっています。
大手ハウスメーカーから地場の工務店まで、1000社以上が加盟しており、安心してご利用できます。

無料の見積もり比較はこちら>>

後悔しないリフォーム・満足できるリフォームのため、慎重にリフォーム会社を選びましょう!

まずは
無料お見積もりから

この記事の監修者プロフィール

【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治

ディバルコンサルタント株式会社

明堂浩治

芝浦工業大学工学部建築工学科を卒業。大手建設会社で20年勤務した後、独立しコンサルタント業を始める。

LINE 友達追加
まずは
無料お見積もりから
【お住まい周辺】
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする